薄毛に悩む全ての方へ 育毛剤徹底比較

自分にあった育毛剤とは?育毛剤選びのポイントとは?
あらゆる育毛剤の口コミ・特徴を徹底比較!

育毛剤の○○成分配合には騙されるな

育毛剤の成分をチェックしよう

ライン

育毛剤の成分をチェックしよう

薄毛に効果のある成分としては、血行を促進し皮脂の過剰分泌を抑える効果のあるニンジンエキス、髪の毛や頭皮の成分であるタンパク質の形成を促進させ、肌荒れにも効果のあるビタミンB6、高い抗炎作用のあるグリチルリチン酸2Kなどがあります。その他、血行を促進する成分として、カプサイシン、ミノキシジル男性ホルモンを抑制するノコギリヤシ、細胞を活性化させるプラセンタなど各メーカーさまざまな成分を配合しています。

育毛剤を選ぶ際、やはりその育毛剤のウリとなる成分を参考にする方がほとんどではないでしょうか。実際に育毛剤のサイトやパッケージを見ると、「話題の育毛成分○○配合」とか「50種類もの成分が配合」というフレーズをよく見かけます。もちろん、これを参考にすることは決して間違いではありません。しかも今は成分表示が義務付けられていますから、配合していないものを配合していると虚偽のフレーズを記載しているわけでもありません。ただ、そのフレーズを鵜呑みにしてはいけないのです。

有効成分が配合されているのは間違いなくても、実際どれだけの量が配合されているのかまでは明確にされていません。成分表示は義務付けられていますが、それぞれの成分の配合量までは記載義務はないのです。ということは、極端な話、100Lタンクにその成分を1滴、もしくは0.001%だけ入っていたとしても、配合としてはウソではありません。実際に、何㎎配合しているのかは分かりませんから、もしかすると本当に0.001%程度の配合である可能性もゼロではありません。もちろん中には少量でも血行促進や十分な栄養になる成分もあるでしょうが、さすがに1滴で効果があるとは思えません。

成分の効果についてネットで検索すればすぐに調べることができるので心配ありませが、配合量に関しては知るすべがありません。ただ、何mg配合されているのかはわからなくても、配合量が多いのか少ないのかは成分表をチェックすればわかります。成分表の上位に記載されているものほど配合量が多い成分なのです。配合量が多い成分が一番効果があるとは言い切れませんが、成分表の下位に記載されている成分については、それほど効果は期待できないと思ってもいいかもしれません。

大切なのは、フレーズだけに左右されず、自分でその内容を確認してから育毛剤選びをすることなのです。

育毛剤を変える場合には違う成分に着目

育毛剤を使用して、効果が感じられなかったということは、その育毛剤の成分が自分に対して効果が低かったということになります。そのため、育毛剤を変える場合には、違った効果のある成分を配合した製品を選ぶといいでしょう。たとえば、血行を促進する効果のある成分でダメだった場合には、栄養を補給できるようなタイプ、皮脂の分泌を抑えるタイプなどを選ぶといいでしょう。

もちろん、成分表をみると、血行を促進する成分、皮脂の分泌を抑える成分、抗菌作用のある成分等がいろいろ配合されています。そのため、どの成分が主成分となっているか、成分表の上位に来ているのかを確認するといいでしょう。そうすれば、おのずと次に試してみる育毛剤を選別できます。

このページの先頭へ