薄毛に悩む全ての方へ 育毛剤徹底比較

自分にあった育毛剤とは?育毛剤選びのポイントとは?
あらゆる育毛剤の口コミ・特徴を徹底比較!

薄毛は遺伝だからどうしようもない

薄毛になりやすい体質が遺伝。頭皮ケアで回避できる!?

ライン

薄毛になりやすい体質が遺伝。頭皮ケアで回避できる!?

薄毛、ハゲは遺伝、という話をよく耳にします。確かに、両親や祖父母、兄弟に薄毛の人がいると、その人も30代を過ぎたあたりから薄毛になってくる、というケースが多いです。

この噂については間違いない、と思う方もいるかもしれませんが、厳密に言えば薄毛は遺伝しません。確かに薄毛になりやすい体質や性格は遺伝によるものですが、薄毛の人の子供が必ず薄毛になるというわけではないのです。そのため、親族に薄毛が多くても、頭皮ケアやライフスタイルを改善することで、薄毛にならずにいつまでもフサフサのままでいられるのです。

☆薄毛になってしまう可能性のある遺伝

1、体質
乾燥肌や脂性肌は遺伝です。また、太りやすい体質、血行不良になりやすいのも体質によるものが大きいでしょう。何もしなければ皮脂の分泌量も多くなり、毛穴に余分な皮脂が溜まり薄毛になりやすくなってしまいます。また血行不良で、栄養が毛母細胞に届きにくくなり、髪の毛が元気に育たないのです。

2、性格
短気な性格、のんびりな性格などはやはり遺伝によります。神経質な人はストレスも溜まりやすく、それが原因で薄毛になってしまいます。また、面倒くさがりの性格だと、「頭皮ケアなんて面倒くさい」とか「シャンプーも面倒くさい」となってしまう場合も。そうなれば、やはりゆくゆくは薄毛になっていくことでしょう。

3、好み
食事の好みも遺伝による場合もあります。脂っこい食事を好む人は、やはり太りやすくなり、薄毛になりやすくなってしまいます。また、タバコやお酒を好むという人も、血行が悪くなり薄毛を引き起こすリスクが高くなるでしょう。

薄毛になりやすくても生活習慣の改善でなんとかなる

先述のように、薄毛になりやすい性格、体質、好みは遺伝します。そのため、薄毛になってしまった親や兄弟と同じような生活を送れば、まず高い確率で薄毛になってしまうことでしょう。ただ、ライフスタイルを改めることで、薄毛を回避、もしくは薄毛になるとしても進行を遅くすることは可能です。逆に、家族に薄毛の人がおらず、薄毛の心配がないと思っている人でも、生活習慣が乱れてしまえば薄毛になってしまう可能性はあるのです。家族が薄毛だから自分もきっとそうなるんだ、とネガティブに考えず、遺伝で薄毛になる可能性を秘めているという人は早めに頭皮ケアをしていきましょう。

☆薄毛になりやすい人がやるべきこと

・食生活の改善
脂っこい食事を好む、という人は積極的に野菜類を摂取するようにして、脂肪を蓄積しないようにしましょう。大食い、早食いの人も、なるべく治すようにし、栄養価の低いインスタント食品やレトルト食品はなるべく避けましょう。アルコールを好む人は、やめる必要はありませんが、適量を守り、飲み過ぎに注意しましょう。

・質のいい睡眠
午後10時~午前2時までの4時間を熟睡することで、細胞分裂がより活発におこなわれ、頭皮環境を整えることができます。そのためには、朝早く起きて朝日を浴びて適度の運動、夕方以降はカフェインを避け、9時過ぎには寝る準備に入る、という生活のリズムを作りましょう。

・適度の運動をする
肥満になりやすい体質の人は、有酸素運動で脂肪を燃焼して太りにくい体質作りに励みましょう。また、ストレスが溜まりやすい人も、運動をすることでリラックスできる場合もあります。

・育毛シャンプーや育毛剤、マッサージでの頭皮ケア
皮脂の分泌量が多い、逆に少なくて乾燥してしまう、という方は育毛シャンプーや育毛剤で頭皮ケアを欠かさずおこないましょう。薄毛になる前であれば、健康な頭皮状態である人も多いですから、刺激の強い育毛剤は必要ありません。コラーゲンやヒアルロン酸など美肌に欠かせない成分を含み、肌に悪い成分の配合量が少ないタイプを選んで、毎日ケアをしましょう。

このページの先頭へ