薄毛に悩む全ての方へ 育毛剤徹底比較

自分にあった育毛剤とは?育毛剤選びのポイントとは?
あらゆる育毛剤の口コミ・特徴を徹底比較!

効果絶大!?アロエを直接つけた際の育毛効果

アロエを育毛剤代わりに直接肌につけるとどうなる?

ライン

アロエを育毛剤代わりに直接肌につけるとどうなる?

育毛剤にはさまざまな成分が配合されていますが、その中には薬草から抽出したエキスも含まれていることが多いです。育毛剤によって配合している成分は異なりますが、抗アレルギー作用・消炎作用があるオウゴンエキス、血行促進・抗菌作用・保湿作用がある延命草エキス(ヒキオコシエキス)、抗脂漏性・消炎作用・肌荒れ防止効果があるオドリコソウエキスなど、さまざまな薬草が含まれています。

また、薬草以外にも野菜や果物類のエキスとして、肌の老化防止・血行促進の効果があるアボカドエキス、血行促進・細胞の活性化・殺菌作用のあるニンニクエキスなどもあります。最も身近にあって誰もが万能薬として知っている薬草にはアロエもあります。

オウゴンエキスやオドリコソウなど、あまり知名度のない薬草なら簡単に手に入れることはできませんが、アロエやニンニク、アボカド、オレンジなど、意外と身近にありすぐに手に入れられます。育毛剤に入っているのであれば、何も育毛剤をつけなくても、こういった成分を直接つけた方が効果があるのでは?と思う人もいるのではないでしょうか。

確かに、昔は多くの家庭でアロエを置いてあり、やけどの時などに使ったものです。そして育毛剤代わりにオレンジやレモンの汁を頭皮につけた、なんて話も聞いたことがあります。ただ、こういった薬草や果物の汁を直接頭皮につけるのは絶対にやめましょう

育毛剤に配合されているこれらの成分は、あくまで有効成分を抽出し、肌に悪影響がない程度に配合しているのです。そのため、直接肌につけてしまうと、炎症をおこしたり、しみたり、時にはかぶれてしまう危険性もあるのです。おそらく、ほとんどの人が何らかの肌トラブルが起こるのではないでしょうか。たとえ肌トラブルが起こらなくても、ただ頭皮を汚すだけでほとんど育毛効果がない、というのが現実なのです。

コストもかかってしまうという事を忘れずに

育毛剤は高いから、身近にある薬草や果物のエキスを育毛剤代わりにできるなら…。と思っている人もいるのではないでしょうか。コストダウンのために、そういったエキスを使おうと考えているなら、やめましょう。コストがかからないようにして、実はかなり高価になってしまいます。

例えば、観葉植物としても販売されているキダチアロエですが、1鉢で1,000円位になります。1鉢で使える分は育毛剤のエキス量として、せいぜい1週間程度のものでしょう。1ヶ月で4~5,000円もかかります。オレンジやレモンだって1個50円位に換算しても、必要なのは実ではなく皮の部分ですから1個から取れるエキスは1回分にも足りません。1ヶ月となると3~4,000円以上はかかってしまうのではないでしょうか。というか、現実的にエキスを絞り出すという作業自体手間もかかります。

肌荒れの危険性、手間、コストを考えてもメリットは何もありませんから、素直に育毛剤を使用しましょう。やはり「餅は餅屋」、「育毛剤はメーカー」です。

このページの先頭へ