薄毛に悩む全ての方へ 育毛剤徹底比較

自分にあった育毛剤とは?育毛剤選びのポイントとは?
あらゆる育毛剤の口コミ・特徴を徹底比較!

白髪と育毛剤の関連性

育毛剤では白髪は解消されない!?

ライン

育毛剤では白髪は解消されない!?

薄毛とともに髪の悩みのひとつに白髪があります。

育毛剤は頭皮に栄養を与える、血行を促進させる、というものです。それにより元気な髪の毛が育ってくるのですから、白髪にも効果があるのでは?と思う人もいるのではないでしょうか。

ただ、基本的に育毛剤で白髪が黒くなるということはありません。どのメーカーの育毛剤をみても白髪にも効果がある、と記載されているものはないでしょう。それは、ほとんどの育毛剤が毛母細胞を刺激する、活性化させることを目的としているためで、白髪の改善のためには作られていないからです。

実は、髪の毛の太さと色素は製造過程が違うのです。髪の毛を作り出すのは、毛根にある毛母細胞で、ここで細胞分裂が活発に行われれば太くて元気な髪の毛が生まれてきます。ですが、毛母細胞で生まれた髪の毛は、まだ色が付いていない白髪の状態なのです。そこに、色素細胞(メラノサイト)で作られたメラニンが白髪に取り込まれるのです。日本人の場合には、そこで黒髪に、欧米人は金髪や茶髪になる、というわけです。

白髪になってしまう原因は毛母細胞ではなく、色素細胞の活動の低下、停止によるものなので、育毛剤で毛母細胞を活性化させる成分を浸透させても効果がないという訳です。

白髪も減ったという口コミが多い育毛剤も

基本的に育毛剤は白髪には効果がないものです。ただ、メーカー側が「白髪に効果あり」とは大々的に謳ってはいないものの、口コミでは白髪が減ったとのコメントが多数寄せられている育毛剤もあるようです。

ではなぜ、白髪の解消にも効く育毛剤があるのか、それはいたってシンプルな育毛理論からくるようです。ほとんどの育毛剤は、皮脂を分解する成分を配合したもの、薄毛の原因のひとつと言われている男性ホルモンの働きを抑制するもの、毛母細胞を活性化させるものが主成分となっています。もちろん、髪を太く育てることを目的としているのですから、それはそれで薄毛解消には効果を発揮することでしょう。ただ、色素細胞にはほとんど関係のないものです。

白髪にも効果がある育毛剤は、あくまで弾力や潤いのある肌を取り戻し、頭皮を健康に保つ事を目的としています。頭皮を20代の頃のようなみずみずしい状態に戻すことで、毛母細胞だけでなく色素細胞の働きも高めることができるのです。私が知っている育毛剤ではノヴェルモイ薬用ヘアエッセンスがこの理論の元に作られています。

もちろん、それでも白髪の解消については個人差があり、薄毛は解消したけれども白髪はそのままだったという方もいます。また、育毛を目的として作られている製品であることには違いありませんから、白髪を解消する目的で使用すれば、思うほど効果が得られなかったということになるかもしれません。あくまで薄毛解消、頭皮環境を整えるためのもので、白髪は副産物、という感覚で使用するのがいいでしょう。

このページの先頭へ