薄毛に悩む全ての方へ 育毛剤徹底比較

自分にあった育毛剤とは?育毛剤選びのポイントとは?
あらゆる育毛剤の口コミ・特徴を徹底比較!

育毛剤はドライヤーをかける前に?

ドライヤーで乾かしてから育毛剤をつけるの?

ライン

シャンプーをした後に育毛剤を塗布する、これについては誰もが知っていることで、まずほとんどの人が実行しているのではないでしょうか。ただ、そこでひとつの疑問を感じる人もいるのではないでしょうか。

「シャンプーをした後、そのまま育毛剤を塗布するべきか、ドライヤーで乾かしてから育毛剤を塗布したらいいのか」という疑問です。

シャンプーをした後、もしくはお風呂上りに育毛剤を塗布するのがベスト、という理由は、育毛シャンプーでしっかり頭皮と毛穴の汚れを落とすことで育毛剤の浸透を促進させることができるからです。ただ、それだけではありません。頭皮や毛穴が柔らかくなり、毛穴も開くため育毛剤が浸透しやすい、マッサージの際にも肌への負担がかからない、ということもあるのです。そのため、頭皮を完全にドライヤーで乾かしてしまっては、頭皮が硬くなってしまい、毛穴も閉じてしまうので浸透力も低下してしまいます。ただ、逆にシャンプーをした直後、すぐに育毛剤を塗布すれば、頭皮の表面に残っている水分で育毛剤が薄まってしまうのです。

育毛剤を塗布するタイミングとしては、頭皮にちょっとだけ水分が残っている状態でつけるのがベストです。

髪の長さによってはドライヤーも必要

基本的に育毛剤は頭皮に潤いが残った状態で塗布するのが望ましいです。とはいえ、実際潤いが残った状態、水分が少しある状態と言われても、イマイチ見当がつかないのではないでしょうか。シャンプー後の肌の潤いは、髪の長さによって異なります。短髪の人はすぐに乾きますし、長い髪の人はいつまでも水分が残ってしまうのですから。

男性のように短髪であれば、シャンプーをした後タオルでしっかりふき取る程度でOKです。そして、髪が短いと育毛剤もつけやすいので、気をつけるのは液だれだけです。ドライヤーをかけてしまうとすぐに頭皮も乾いて硬くなってしまうので、ドライヤーは使いません。

一方で髪の長い人であれば、タオルドライをしても髪の毛がしっかり水分を含んでいますから、頭皮もまた滲んできます。そのため、髪の長い人はドライヤーである程度乾かしてから育毛剤を塗布するようにするといいでしょう。

☆髪の長い人の乾かし方・育毛剤のつけ方

①頭皮には熱い風がいかないように

②髪の毛の中間あたりを乾かす要領で

③ドライヤーをずっと当てたままだと乾き具合がわからなくなるので、ドライヤーを離して水分量を確認

④髪の根元あたりが、「ちょっと湿っているかな」と思う程度でドライヤーは終了

⑤しっかり髪の毛を分けて地肌を出してから育毛剤をつけましょう。髪の毛の束に育毛剤のヘッドを指し込んで塗布する方法だと、つけむらになってしまいます。

このページの先頭へ