薄毛に悩む全ての方へ 育毛剤徹底比較

自分にあった育毛剤とは?育毛剤選びのポイントとは?
あらゆる育毛剤の口コミ・特徴を徹底比較!

頭をかかえる男性の写真

髪には発毛サイクルがあり、成長期、退行期、休止期という期間を経て、必ず抜け落ちるのです。

それは健康な人でも、薄毛の人でも同じサイクルになります。このサイクルは健康な人でも5~6年なので、長くても髪の毛はそのくらいの期間しか伸びないのです。

※発毛サイクル・メカニズム

  期間 頭髪全体に対する割合  
成長期 3~6年 約90% 毛母細胞から髪の毛が生まれる髪の毛が伸び続ける期間
退行期 2~3週間 約1% 成長が緩やかになってくる
休止期 3~4ヶ月 約10% 成長が完全に停止し髪の毛が抜ける新しい髪の毛を作り始める
再び成長期に!

発毛のメカニズム

「発毛サイクルの乱れが薄毛を招く」

ライン

では、薄毛になってしまう人はどのようなメカニズムになっているのでしょうか。
もちろん、最終的には休止期を過ぎても新しい髪の毛が作られなくなってしまうのですが、それは本当に髪の最期、そして毛穴・毛根の最期になります。

薄毛の方の頭皮を見ると、実は毛穴はあります。ただ、そこから細い髪の毛、産毛が生えています。細い毛でも産毛でも髪の毛に違いはなく、発毛サイクルにしたがって成長します。

薄毛の人の発毛サイクルは、本来なら3~6年あるべき成長期が短くなってしまうのです。
例えば、成長期が1年に短縮され、すぐに退行期、休止期に移ってしまいます。
そのため、10㎝程度で抜け落ちるのです。1本だけならまったく関係ないですが、部分的、時には全体的にその現象が起こるわけです。

頭皮を健康に保ち、ヘアサイクルが正常になれば、元のように成長期が長くなり薄毛解消となります。

発毛のメカニズム

「抜け毛は誰でも起こりえるもの」

ライン

「枕に大量の抜け毛が…」「シャンプーを一日しないと抜け毛が凄いことに!」という話を耳にします。
ですが、抜け毛=薄毛という訳ではありません。先述の発毛サイクルからも分かるように、髪の毛の全体の約10%は休止期になっているのです。そのため、誰でも必ず抜け毛はあります

正常な人でも1日に50~100本抜け落ちます。
一番多く抜けるのは、やはりシャンプーをした時ですから、一日シャンプーをしないと、二日分の抜け毛がまとめて抜けるため、かなり多くなったと感じるのです。

ですが自分で知らない間に髪の毛が抜け落ちているのです。
特に男性は髪の毛が短いので、ほとんど分からないでしょう。そのため、薄毛の進行に気付かない場合があるそうです。
そうならないためには、抜け毛だけで判断せず、頭皮の状態など薄毛のサインを見逃さない事が大切です。

このページの先頭へ