薄毛に悩む全ての方へ 育毛剤徹底比較

自分にあった育毛剤とは?育毛剤選びのポイントとは?
あらゆる育毛剤の口コミ・特徴を徹底比較!

アルコールの取りすぎが薄毛の悪化に影響している

アルコールは薄毛にNG?薄毛を進行させないアルコール量について

アルコールは薄毛に影響するのかという問題ですが、近年では迷信という意味あいではなく、医学的見地から多くのことが分かるようになってきました。結論的には過度な飲酒は発毛に関しては大きな害になります。

いくつかの要因はありますが、発毛ということでは、人間の身体の総体的な健康状態がもっとも重要であるということを理解すれば、おのずと答えを導き出せるというものでもあります。お酒がストレス発散に大いに役立つのであれば時には良薬となる場合もあるかもしれません。

しかし、日常的な飲酒はストレス発散を通り越して、身体的な影響を免れない状態にしてしまう危険性があるので、飲みすぎには注意をしたいものです。「大酒飲み」と「薄毛」というのが必ずしも一致するわけではありませんが、理論的にはアルコールは発毛を阻害する大きな要因になりえます。

いくつかの理由が考えられますが、まず基本的なところでは、お酒を飲めばビタミンBがそのアルコールを分解するために働きかけ、髪の成長への栄養が頭まで行きわたらないということです。結果的に頭皮部分の代謝の活性化を阻害してしまうということです。

ビタミンBの不足がお肌など荒れに影響するのと同じような仕組みです。また、お酒を飲むとDHT(ジヒドロテストステロン)という物質が増加します。この物質は薄毛の原因となるホルモンのバランスを崩してしまう働きをするので、これも薄毛のひとつの要因になるのです。

そして、お酒を飲んだ後というのは深い睡眠を得ることができません。睡眠は発毛に大きな影響を及ぼすので、そのこともアルコールが薄毛の原因となってしまいます。

しかし、ストレスなどの精神的な部分も発毛に影響があるので、そういったこともふまえれば無理をしてでも飲まないということでストレスを溜めるのも間違った方法です。

    
サブコンテンツ

効果の高い育毛剤を徹底比較!

このページの先頭へ