薄毛に悩む全ての方へ 育毛剤徹底比較

自分にあった育毛剤とは?育毛剤選びのポイントとは?
あらゆる育毛剤の口コミ・特徴を徹底比較!

お灸を併用して効率的に薄毛を解消するために

お灸でできる薄毛対策

薄毛の対策をする際には直接的なケアが大切になりますが、間接的にアプローチすることで症状改善の手助けとなります。

お灸は体の内側から症状を改善して正常な状態へと戻していく、という東洋医学に基づいた治療方法で、患部に対応するツボを刺激することで血行を促進し、人間が持つ自然治癒力を高めていきます。

効き目は緩やかですが、体への負担が少なく副作用もないことから、育毛剤などの効果の高い薬と併用しても心配がありません。

お灸は従来の火をつけるものや煙が出ないもの、火を使用せず貼るだけで温かくなるもの、中にはアロマ効果が期待できる香りの付いたタイプもあり、必要に応じて色々な種類が選べます。お灸はドラッグストアやインターネットで購入が可能です。

お灸をする際には、まず薄毛に効果のあるツボを確認しておきます。腎穴(じんけつ)はホルモンのバランスを整えるツボで、薄毛や抜け毛の解消に効果を発揮して、むくみを軽減し泌尿器の働きを向上する作用もあります。

腎穴は手のひらの小指第一関節の真ん中にツボがあります。また手のひらを上向きにしてひじを曲げると、ひじの骨とその少し内側にある骨の間にへこんだところができますが、ここに小海(しょうかい)というツボがあります。

誤ってぶつけた時に、手の先まで電気が走ったようになる部分です。このツボは頭皮の血行を改善して、細胞の代謝を促す働きがあります。お灸を肌にのせるときはツボが分かりやすいように、あらかじめペンなどで印をつけておくのも良いでしょう。

ツボにお灸を置くと徐々に温かくなってきて、熱がツボに伝わって血行を改善していきます。しばらくしてピリピリとした感覚に変化してきたら、お灸をはずしてください。熱さを我慢して無理にそのままの状態でいると、皮膚がやけどして水膨れなどを起こすことがあるので充分注意しましょう。

    
サブコンテンツ

効果の高い育毛剤を徹底比較!

このページの先頭へ