薄毛に悩む全ての方へ 育毛剤徹底比較

自分にあった育毛剤とは?育毛剤選びのポイントとは?
あらゆる育毛剤の口コミ・特徴を徹底比較!

抜け毛予防法⑥叩いて頭皮を刺激しない

頭皮を叩いて刺激、は大きな間違い!

ライン

頭皮を叩いて刺激、は大きな間違い!

毛乳頭を刺激して細胞を活性化させるため、ブラシで頭皮を叩く、というCMがありました。

このブラシで叩いて刺激するという抜け毛予防法、日本がバブル期の頃に流行った方法です。眠っていた毛乳頭、毛母細胞をブラシによって叩いて刺激する、それにより血行も促進する、という根拠のようで、一見効果的に思えてしまいます。今でもそのCMが印象的で、正しいと思いやっている人もいるようです。もし、その方法を抜け毛予防法として用いている人がいるならば、今すぐやめてください!

実際にこの方法をおこなうと、まず間違いなく頭皮が真っ赤になります。その時代は、頭皮が赤くなっている=血行が促進された、と勘違いしていたようです。実は頭皮が赤くなっているのは、血行促進ではなく、頭皮が充血、内出血している状態なのです。頭皮表面が傷つくのはもちろんのこと、頭皮の奥深くにある毛細血管までもが傷ついてしまい皮下組織が破壊されてしまいます

栄養は毛細血管を通じて毛母細胞に送られるわけですから、これが破壊されていては、栄養不足の細い髪の毛しか生まれなくなります。たいていは、育毛剤をつけてからブラシで叩くという手法で、ブラシで叩くとスーッとして育毛剤が効いているのがわかるという人もいます。それも大きな間違いで、それは浸透してスーッとしているのではなく、ただ単に皮膚が傷つき、そこに育毛剤が入り込み沁みてしまっているだけなのですから。

なかには剣山のようなもので強く刺激していた人もいるようで、これだと確実に頭皮に傷がつき、そこから雑菌が入り込んで炎症や皮膚病を引き起こしかねません

叩いて刺激することのデメリットはこれだけではありません。叩くことでどんどん頭皮が硬く、角質層が分厚くなってしまい、さらに血行が悪くなってしまうのです。頭皮が傷ついていなくても、どんどん薄毛が進行してしまうというわけです。

叩いて刺激とマッサージは違う

叩いて刺激している、これはマッサージだ、という人もいます。ただブラシで叩くのとマッサージとでは全く違います。また、育毛サロンや理美容室に行くと、柔らかい素材の剣山に似たような形状の育毛ブラシでマッサージしてくれます。ただ、この場合のブラシはあくまで頭皮や皮下組織を傷つけずに、頭皮を揉みほぐす目的で使用されているもので、叩いて刺激とは全くことなります

ただ、やり方は間違っていますが、毛乳頭や毛母細胞、血管を活性化させること自体は薄毛には非常に重要です。そのためには、ブラシなどは使わずに、育毛剤をつけてから自分の指の腹を使って優しく揉みほぐすことが大切です。

育毛ブラシもグッズとして販売されていますが、これも力加減によっては頭皮を傷つけてしまうこともあります。慣れるまで時間がかかるかもしれませんが、今すぐできる指でのマッサージ法を会得すれば、ムダな費用もかかりません

このページの先頭へ