薄毛に悩む全ての方へ 育毛剤徹底比較

自分にあった育毛剤とは?育毛剤選びのポイントとは?
あらゆる育毛剤の口コミ・特徴を徹底比較!

医薬品と医学部外品の育毛剤の違いを理解して使用する

医薬品と医薬部外品で育毛剤の効果にどんな違いがあるのか

現代の日本では消費者の安全を守るため、市販されている商品に関しても明確な基準によって区分がされるようになっています。これは育毛剤という分野でも変わることはありません。

育毛剤の区分ということで特に重要となるのが「医薬品か医薬部外品か」の違いですが、これらはどのような違いがあるのでしょうか。これについては「効果」と「使用法」が主な違いになります。

医薬品はその成分に臨床試験によって症状の緩和・治療の効果が認められるものが入っていますが、医薬部外品についてはその効果が緩やかであり、改善効果は認められるものの臨床試験による証明は至っていないというような違いがあります。

また医薬部外品の効果が緩やかということは副作用のリスクが小さいというメリットにもなります。

次に利用法についてですが、医薬品は副作用の可能性がある成分が含まれているため、使用法については明確な規定があります。これはそれぞれの製品の取扱説明書にありますので必ず読むようにしなくてはなりません。

医薬部外品は明確な規定が無いのですが、大量に使用しても効果は見込めませんから、使用法を確認することは必要です。

育毛剤を選ぶ上で医薬品と医薬部外品の間には効果や利用法の違いがありますが、入手法についても注意をする必要があります。

原則として医薬品に関しては薬剤師、もしくは登録販売者がいる薬局で購入するか、医師の処方箋に基づいて処方してもらうしか入手することはできません。使い切ったことを忘れていたとしても、しっかりとした場所でなくては購入することができないのです。

反面医薬部外品の場合は薬剤師や登録販売者が必要ありませんので、ネットやコンビニ、スーパーの薬品コーナーなどでも購入することが可能です。

基本的に医薬部外品は「予防」としての性質が強いのですが、入手方法に関してもこうした違いがあるということは、長期的に利用していくという場合には理解しておきましょう。

    
サブコンテンツ

効果の高い育毛剤を徹底比較!

このページの先頭へ