薄毛に悩む全ての方へ 育毛剤徹底比較

自分にあった育毛剤とは?育毛剤選びのポイントとは?
あらゆる育毛剤の口コミ・特徴を徹底比較!

男性ホルモン抑制剤の育毛剤としての効果について

男性ホルモン抑制剤が育毛剤として効果的な理由

薄毛の原因はいくつかありますが、その中でも男性ホルモンによるものが多くあります。

男性ホルモンのテストステロンが変化することで、ジヒドロテストステロンという物質になります。ジヒドロテストステロンは、抜け毛を増やす作用や、ヒゲを濃くする働きがあり、薄毛に悩む場合には、あまり嬉しい物質ではありません。そこで、男性ホルモン抑制剤が育毛剤として効果的になります。

元々、男性ホルモン抑制剤は育毛剤としてではなく、前立腺肥大という病気を改善するために、男性ホルモンを抑えるように開発されました。その薬を飲んだ人から、育毛や増毛の効果を実感する声が多く、育毛剤としても開発されるようになったのです。

特に、ジヒドロテストステロンは頭頂部と前頭部の髪の毛に作用して、少しずつ毛の量を減らしていき、毛がまったくない状態にまでしてしまいます。側頭部や後頭部の毛が残っているのは、ジヒドロテストステロンの影響を受けないためです。

男性ホルモン抑制剤の育毛剤は、薄毛の原因となるジヒドロテストステロンが生産されないようにします。多くつけた方が効果があるような気がしてしまいますが、記載された適量を頭皮につけるようにしましょう。そして、つける前には丁寧にシャンプーを行い、清潔な頭皮にしておくことで、より効果を感じることができます。

シャンプーが残っていると、毛穴を詰まらせてしまう原因になるので、すすぎはしっかりすることが大切です。育毛剤によって、シャンプー後の濡れた状態につけるものと、ドライヤーで乾かした後につけるものに分かれます。マッサージをするようにつけると、より効果を発揮します。使用している育毛剤がどのタイプかをきちんと確認しましょう。

    
サブコンテンツ

効果の高い育毛剤を徹底比較!

このページの先頭へ