薄毛に悩む全ての方へ 育毛剤徹底比較

自分にあった育毛剤とは?育毛剤選びのポイントとは?
あらゆる育毛剤の口コミ・特徴を徹底比較!

育毛剤の継続と病院で行われるメソセラピーの併用

病院で育毛剤の他に行われる治療メソセラピーの概要

病院で行う薄毛の治療と言えばフィナステリドなどの内服療法が基本ですが、内服の場合薬が全身の血管を経て頭皮に回るため頭皮に届く量が少なくなってしまいます。かといって量を増やせば副作用の恐れがあるため危険です。

頭皮に塗布する育毛剤では、頭皮から毛根へ成分を送るため効果が現れにくいことがあります。メソセラピーは薬剤を直接毛根に注入するという治療法です。

注入される薬剤はミノキシジルやフィナステリドのほか、病院によりアミノ酸やヒアルロン酸、コエンザイムQ10など独自のブレンドをしているところもあります。なお女性にはフィナステリドは用いません。メソセラピーのメリットは、有効成分がダイレクトに毛根に届くので発毛・育毛効果が高まるということです。

内服治療と併用する場合もありますし、自家植毛後に髪を定着させるために行うこともあります。従来は注射器で注入していたのである程度の痛みを伴いましたが、最近ではノーニードル法といって針を使わない方法も登場しています。

病院で行われる育毛メソセラピーは、頭皮に塗る育毛剤と違い毛根に直接有効成分を注入するため、高い効果が期待できます。

注入方法には注射器を使うものと使わないものがあり、注射器による方法はごく細い針を使うものの、針を刺すときにはちくちくとした痛みがあります。注射器を使わないものでは、細胞膜に特殊なパルス電圧をかけることで細胞間膜に一時的にごく小さい穴を開け、そこから薬液を注入するエレクトロポーションという方法があります。

こちらはまったく痛みはありません。いずれにしても最初の1~2カ月は2週間に一度、その後は月に一度のペースで治療を受ける必要があります。個人差はありますが、大体3~6か月ぐらいで効果を実感できるようになります。

    
サブコンテンツ

効果の高い育毛剤を徹底比較!

このページの先頭へ