薄毛に悩む全ての方へ 育毛剤徹底比較

自分にあった育毛剤とは?育毛剤選びのポイントとは?
あらゆる育毛剤の口コミ・特徴を徹底比較!

産後の脱毛

「産後2~3ヶ月で訪れる分娩後脱毛症」

ライン

産後2~3ヶ月で訪れる分娩後脱毛症

女性にとって人生においての一大イベントとも言えるのが妊娠・出産です。
無事、可愛い赤ちゃんが産まれ、幸せいっぱいの時、その時にやってくるのが脱毛です。
もちろん、個人差があり、まったく脱毛しない、という方もいますが、多くの女性が産後の脱毛(分娩後脱毛症)で悩んでしまうのです。
その発症時期も個人差がありますが、だいたい出産後すぐではなく2~3ヶ月経過した頃に抜け始まります。
人によっては頭皮がすけて見えるくらいまで薄くなってしまうケースもあるのです。
産後の脱毛が起こってしまう主な原因はホルモンバランスの乱れ、それにともなう発毛サイクルの乱れです。
健康な人でも毎日50~100本程度の髪は抜け落ちます。これは発毛サイクルによるもので、当たり前のことです。
妊娠中、特に妊娠後期になるとエストロゲンと呼ばれる女性ホルモンが過剰に分泌されるようになります。
これは、まさに出産に向けての準備のため多く分泌されると言われています。
この、エストロゲンは髪の毛の寿命を延ばす作用もあり、本来1日に50~100本抜けるはずの髪が、抜け落ちずに留まるようになります。
ところが、出産を終えると、徐々にそのエストロゲンの分泌が正常に戻っていきます。それにともない発毛サイクルも正常になっていきます。
その時、妊娠後期に抜けるはずだった髪の毛まで一気に抜け落ちてしまい、そのため頭髪全体が薄くなってしまうのです。
ただ、それだけが原因という訳でもありません。他の理由も重なって症状が悪化してしまうのです。

産後の脱毛

「ホルモンバランスの乱れ以外の原因」

ライン

・妊娠・出産による身体への負担
まさに出産は命をかけておこなうもので、やはり身体にかかる負担は尋常ではありません。

・育児疲れ
出産後は、夜中でも3時間おきにミルク・母乳を飲ませたり、おむつ交換などの世話をおこなわなければいけません。そのため、睡眠時間も削られ、身体も疲れてしまいます。1人目の赤ちゃんなら、慣れていないせいもあって、肉体的な疲れも尋常ではありません。

・ストレス
これも育児疲れからくるもので、精神的にも不安定になってしまいます。実際に育児ノイローゼに陥ってしまうお母さんも少なくありません。ストレスを感じると血管が収縮し髪の毛に栄養がいかなくなります。

・高齢出産
最近は、晩婚化が進んできたこともあり、出産する年齢も遅くなりがちです。高齢出産の場合、産後脱毛になるケースが多いようです。

産後の脱毛を解消するには

では、産後の脱毛を防ぐにはどうしたらいいでしょうか。
実は防ぐことはほとんど無理です。ですが、産後の脱毛は、ほとんどの方が時間とともに解消されてきます。
たいていは脱毛が始まって半年~1年を経過する頃には抜け毛も徐々におさまってきて、髪の量も正常になっていきます。
これは、エストロゲンの分泌量が正常に戻るに従って抜け毛が落ち着き、正常に髪の毛が生えてくるようになるからです。ただ、稀に薄毛のまま元に戻らないということもあります。
男性からすると「いずれ治るのだから気にすることはない」と思うでしょうが、母親になったとはいえやはりそこは女性。
髪の毛は女性の命ですから、一日も早く解消したいものです。そのためには、なんらかの対策をとってみてもいいでしょう。

産後脱毛を一日も早く解消するには

・育児を分担してストレス・疲れを少なくする
やはり、体や心が疲れていては髪の毛は元気に生えてきません。
とはいえ育児は必ず行うものですから、家族で育児を分担してお母さんの負担を軽減しましょう。そして十分に睡眠と栄養を摂るように。

・育毛剤を使用する
育毛剤で、頭皮に不足しがちな栄養を与えてあげることができます。
ただ、注意しなければいけない点は、産後はまだ体調が戻っていませんから、頭皮は過敏な状態にあります。
そのため、あまり刺激の強い育毛剤を使用してしまうとかぶれや炎症を起こしてしまう可能性もあります。
妊娠前までは問題なかった育毛剤でも肌トラブルが発生する危険性もあるのです。
人工着色料や人工香料などの添加物などの毒性の強いもの、メントール効果のあるもの、「○○を直接刺激」というようなタイプは避けた方がいいかもしれません。
また、育毛剤には医薬品扱いの製品もありますが、育毛効果は期待できるものの副作用の危険性が少なからずあるので避けた方がいいでしょう。
産後の脱毛は、放っておいてもいずれ解消するものですから、育毛効果の高い製品よりも、頭皮の状態を整える製品の方がいいです。

このページの先頭へ