薄毛に悩む全ての方へ 育毛剤徹底比較

自分にあった育毛剤とは?育毛剤選びのポイントとは?
あらゆる育毛剤の口コミ・特徴を徹底比較!

牽引性脱毛症

「頭皮の血行障害を引き起こす牽引性脱毛症」

ライン

牽引性脱毛症

女性に多い脱毛症としては牽引性脱毛症(けんいんせいだつもうしょう)というものがあります。
これは読んで字の如く、髪の毛が引っ張られることで引き起こされる脱毛症です。勘違いしてはいけないのは、髪を一気に引っ張ってブチブチッと強制的に抜けてしまうのとは異なります。
牽引性脱毛症とは、長期間にわたり髪の毛を引っ張り続けることで薄毛になっていくというものです。
牽引性脱毛症が発症する原因として、最も多いのがヘアスタイルによるものです。
男性は比較的短髪の方が多く、髪の引っ張るということはあまりありませんが、女性の場合、髪を後ろで束ねたり、アップにしたり、今はほとんど見られなくなりましたがポニーテールなども髪の毛を引っ張ってヘアスタイルを作り上げます。
継続的に髪の毛を引っ張り続けることで、頭皮が常に緊張状態にあり、ダメージを受け、血行障害を引き起こしてしまうためです。
脱毛してしまう部位は、やはり負荷がかかってしまう部分です。そのため、頭髪のどこでも発生します。後ろで束ねる場合は前髪、アップスタイルは耳の後ろからネープにかけて、とさまざまです。
牽引性脱毛症は、女性に多いのですが、男性でも同じようなヘアスタイルにすれば同様に薄毛になってしまいます。近年、男性のヘアスタイルも多様化していますので、男性でも牽引性脱毛症になるケースも少なくないようです。

牽引性脱毛症

「牽引性脱毛症の解消方法は?」

ライン

もっとも効果的な解消方法は、頭皮に負荷をかけないこと、すなわちそのヘアスタイルをやめることです。それにより、緊張から解放され、抜け毛は減っていくことでしょう。ただ、ヘアスタイルをやめたからといって、すでに抜け落ちてしまった髪の毛が100%元に戻るとは言い切れません。場合によっては一生そのままというケースも少なくないのです。確実に言えるのは、やめずに継続すれば、間違いなくさらに牽引性脱毛症が進行してしまうということです。そうならないためには早めの対策が必要となります。

牽引性脱毛症の解消に効果的な方法

・ヘアスタイルを変える
頭皮に負担のかからないヘアスタイルに変えてみましょう。

・自宅にいる時は髪を解放
ヘアスタイルは個性でもありますから、変えたくないという人もいるでしょう。そんな人はせめて自宅にいる時だけでもヘアスタイルをやめ、緊張から解放してあげましょう。

・マッサージ
牽引性脱毛症は常に頭皮が緊張して血行不良になっています。そのため、シャンプーをした後などに、優しくマッサージをしてあげ、緊張を和らげてあげましょう。

・育毛剤
育毛剤も、頭皮に栄養を与えることができるので効果があります。引っ張られ続けることで毛穴も同じ方向を向き、頭皮も硬くなってしまいます。
そのため、頭皮の弾力、潤いをアップさせるコラーゲンやヒアルロン酸などが配合されている育毛剤がより効果的です。
ただ、毒性やアレルギーを引き起こす恐れがあると言われる添加物、アルコール類、主成分が血行を促進させるタイプの育毛剤だと刺激が強いので逆効果にもなりかねませんから注意しましょう。

このページの先頭へ