薄毛に悩む全ての方へ 育毛剤徹底比較

自分にあった育毛剤とは?育毛剤選びのポイントとは?
あらゆる育毛剤の口コミ・特徴を徹底比較!

パーマによる薄毛

「薄毛を進行させる恐れがあるパーマやカラーの薬剤」

ライン

パーマやカラーの薬剤

誰もが身だしなみのために定期的に美容室に訪れることでしょう。
特に女性はファッションの一部としてヘアスタイルも考えていますから、カットだけでなくパーマやカラーリングをおこなう人が多いです。
若い女性なら、ストレートパーマやヘアカラー、年配の女性ならボリュームを出すためにパーマをかけたり、白髪染めをすることでしょう。
実は、パーマやヘアカラーは薄毛になってしまう原因でもあるのです。
パーマ液の一剤にはチオグリコール酸(違うタイプもあり)が含まれ、これはアルカリ性が強く、髪の毛だけでなく肌へのダメージも大きくなります。
かゆみや炎症を引き起こす原因となります。二剤には過酸化水素水が用いられることが多く、酸化作用が強いです。
この二剤ですが、実は除草剤としても使用することができるのです。除草剤にも使えるものを頭皮に使う、頭皮にいいわけがありません。また、カラーリングには脱色剤、白髪染めにはジアミン系の薬剤が用いられるケースが多いです。
ブリーチじゃないから大丈夫、という方もいますが、カラー剤にも脱色剤は含まれており、頭皮に炎症をおこしてしまいます。
意外と知られていないのが、カラー剤よりも白髪染めのほうが頭皮に危険だということです。白髪染めに含まれるジアミンは肌の炎症やかゆみだけでなく、アレルギーを引き起こしてしまう可能性があるのです。実際に、美容室ではアレルギーによるトラブルが少なからず起こっています。
そして、カラー剤、白髪染めの二剤として用いられるのが、パーマでも紹介した除草剤として使われる過酸化水素水なのです。

やっぱり、パーマやカラーはしないほうがいい?

結論から言いますと、頭皮のため、育毛のためにはパーマやカラーはしないほうがいいです。
ただ、パーマ剤やカラー剤の危険性については、先述の通りですが、実際は薬事法で認められているものです。
しかも近年は技術が進歩し、低刺激のものも多数出てきています。そのため、心配するほどの危険性はないとも言われています。
そのため、わずかな危険性があるからやらない、危険性が少ないならファッションのためにおこなう、というのは個人の判断になります。
実際、薄毛になってボリュームを出すためにパーマをかけるというのは、見た目の薄毛対策にもなるのですから。
ただ、危険性が低いといっても、かゆみや炎症が起こるケースは少なくありません。そのため、頭皮にとってはプラスになることはないのです。
そのため、パーマやカラーをするという方は、頭皮への負担を最小限に抑える努力は必要になるでしょう。

パーマやカラーによるダメージ対策

・施術する時には頭皮の状態、体調がいい時に
頭皮の状態が悪いとき、体調が悪い時に施術すると、肌トラブルが起こりやすいです。万全の時におこないましょう。

・なるべく低刺激のものを
これは美容室選びにもつながります。より低刺激のものを使用している、頭皮に対してのケアをしている美容室を探してみましょう。

・施術後のヘアケアを欠かさない
施術後は少なからず頭皮にダメージはあるものです。それをケアすることでダメージを最小限にすることもできます。育毛剤なども有効ですが、刺激の強いものを使用すると逆にダメージを促進してしまうことにもなりかねません。あくまで低刺激で潤いを与えるような育毛剤が望ましいです。

このページの先頭へ