薄毛に悩む全ての方へ 育毛剤徹底比較

自分にあった育毛剤とは?育毛剤選びのポイントとは?
あらゆる育毛剤の口コミ・特徴を徹底比較!

女性用育毛剤を選ぶポイント

「薄毛を進行させる恐れがあるパーマやカラーの薬剤」

ライン

女性向けの育毛剤選び

育毛剤は今やたくさんのメーカーで研究・製造・販売されています。その数は数十種類にも上ります。そのなかから自分の薄毛に効果のある育毛剤を選ぶのは非常に困難です。特に育毛剤というと男性が使うもの、というイメージが強く、実際男性向けの育毛剤のほうが数多く出回っています。
では、女性が育毛剤を選ぶ場合、どういったポイントが大切でしょうか。

「女性の育毛剤選びのポイント」

①女性用または男女兼用育毛剤を選ぶ

育毛剤を見ると、「男性専用」と記載されているものは少ないです。ほとんどは何も記載されていないことが多いでしょう。そういったタイプはほとんどが男性向けの育毛剤です。しっかり女性専用もしくは男女兼用と書かれているものを選びましょう。

②刺激の少ないタイプ

女性は男性よりも肌が過敏ですので、刺激がないものが望ましいです。とはいえ、育毛剤に配合されている成分には少なからず頭皮に刺激のあるものも配合されていますから、まったく刺激のないものはありません。そのため、できるだけ刺激が少ないものを選びましょう。刺激のある成分というと、着色料や香料などの添加物はもちろんですが、血行を促進する、毛母細胞を刺激する、と言われる成分はほぼ刺激があります。また、アルコールが含まれている育毛剤は刺激は強いです。そのため、これらを主成分とする育毛剤は避けましょう。

③べたつきがないもの

男性ならば髪が短いので多少べたついても問題ありません。ですが、女性はべたつきがあるとヘアスタイルにも影響してしまいます。わけ目がしっかり出てしまったり、薄く見えたりします。皮脂を分解する、毛穴の汚れを除去する効果のある成分は、油分が強いものがほとんどですので、それらを配合した育毛剤はべたついてしまいます。べたつきについては感覚的なものなので自分で使ってみないとわからない部分ですが、ノヴェルモイ薬用育毛エッセンス、M-1育毛ミスト、ポリピュア、ナノインパクト、リッチハーベストなどがサラッとしていて使用感がいいです。

②臭いの少ないもの

女性はにおいに敏感です。ちょっとした臭いでも不快になることがあります。購入してみたら、臭いがきつくてやめたという人も少なくありません。また、香水や整髪料の香りと混じることでさらに強烈なにおいになることも。ただ、勘違いする方がいますが、無香料=臭いがない、という訳ではありません。毒性があるとされる人工香料が含まれていないというだけで、配合されている成分の臭いはしてしまいます。むしろ無香料の方が、臭いがキツイというケースもありますので、口コミ等を参考にして選ぶといいでしょう。

女性用育毛剤を選ぶポイント

「女性が使用してはいけない育毛剤」

ライン

「育毛剤はどんなものでもマイナスなわけがない」と勘違いしている人もいるようです。
たしかに各メーカー、研究を重ねた上で製造しており、育毛に効果のある成分がたくさん配合されています。ただ、そのなかには副作用があるものも少なからずあるのです。
それだけならまだしも、男性には効果があっても女性にはほとんど効果がない、逆につけてはいけない育毛剤もあるのです。

女性が注意しなければいけない育毛剤のタイプ

・フィナステリド
飲む育毛剤として病院で処方されるプロペシアなどです。これは女性の服用禁止となっています。特に妊婦やこれから子供を作る予定の人は絶対に服用してはいけません、触ってもいけないのです。フィナステリドは女性(妊婦)が使用すると、胎児が男児だった場合、男性生殖器異常を起こしてしまう可能性があるからです。

・ミノキシジル
これについては女性の使用が禁止されているわけではありませんし、リアップやロゲインなどでもミノキシジルを配合した女性専用の育毛剤を販売しています。ただ、実際は濃度が1%に抑えられていることもあり、やはり女性のほうが副作用を引き起こす可能性が高いのです。

・刺激の強いもの
男性に比べて、女性は頭皮が過敏です。もともと敏感肌の人も多いですし、生理や便秘などで肌の状態が悪くなる時もあります。そんな時に刺激の強い育毛剤を使用すれば、炎症やかゆみ、時にはアレルギーを引き起こしてしまうかも知れません。刺激が強いものとしては、アルコール系成分などがありますが、エタノールは殺菌・抗菌効果があるため、ほとんどの育毛剤に配合されています。できるだけ配合量が少ないものを選ぶことがベストなのですが、実際どれくらい配合されているかはわかりません。ただ、成分表をみると多いのか、少ないのかくらいはわかります。成分表では上位に記載されている成分が配合量が多いので、エタノールを下位に記載されているものを選ぶのもひとつの比較ポイントです。

・皮脂を過剰に取り去るもの
男女問わず、皮脂は分泌されますが、女性よりも男性のほうが皮脂の分泌量は多いです。そのため、それに合わせて皮脂を取り除く効果が高い育毛剤もあります。余分な皮脂が多い男性にはいいですが、女性が使用すると必要な皮脂まで取り除いてしまうことに。皮脂は不要なものではなく、本来は肌を守るバリア機能があります。そのため取り過ぎると乾燥してしまい、肌荒れの原因になることも。また皮脂がなくなってしまうと、身体が「皮脂を出さなければ」という反応を起こすので、これまで以上に皮脂の分泌量が増えてしまうこともあります。それにより毛穴が詰まってしまい、薄毛が進行してしまうことにもなりかねません。皮脂を取り除く効果がある成分としては、カシュウ、イオウ、ホホバオイル、褐藻エキス(一部)、海藻類エキス(一部)、チオキソロンなどがあります。

このページの先頭へ