薄毛に悩む全ての方へ 育毛剤徹底比較

自分にあった育毛剤とは?育毛剤選びのポイントとは?
あらゆる育毛剤の口コミ・特徴を徹底比較!

育毛剤選び~肌の刺激で選ぶ

敏感肌の方は刺激の強い成分を配合している育毛剤は避けましょう。

ライン

敏感肌の方は刺激の強い成分を配合している育毛剤は避けましょう。

育毛剤を長く使用していくには、いくら口コミでの評価が高い育毛剤だったとしても、肌に刺激がある製品は避けた方がいいでしょう。というか、刺激の強い育毛剤を使用して、肌が炎症を起こしてしまうような場合は、頭皮環境が悪いため髪の毛が生えてくるとは考えられません。

もちろん、頭皮が丈夫で、副作用や炎症、かゆみが懸念されている育毛剤でも、まったく肌トラブルがないのであれば、使い続けてもいいでしょう。育毛剤で特に強い刺激と副作用が懸念されている成分として「ミノキシジル」がありますが、これをつけても何の異常もない、という方は、ミノキシジルの濃度が高い製品に切り替えてみてもいいでしょう。ただ、敏感肌の人、頭皮に炎症を起こしている人は、刺激の強いといわれる育毛剤は試す前から避けた方がいいでしょう。

配合されている成分だけでなく配合量も重要

育毛剤には、少なからず頭皮に刺激のある成分、悪影響を及ぼす成分は含まれているものです。特にエタノールはほとんどの育毛剤に配合されています。実はこのエタノールも肌に強い刺激があります。乾燥を招いてフケやかゆみが出てしまうこともあるのです。

その反面、強い殺菌作用、抗菌作用があるため、頭皮環境を清潔な状態に導くことができるので育毛剤には欠かせない成分なのです。

ただ、注意しなければいけないのは、その配合量です。エタノールが含まれていると言っても、その配合量によって肌への刺激は大きく変わってきます。実際、何㎎配合されているのかは明記されていませんから、比較することはできませんが、必ず表示されている成分表を確認してください。成分表では上位に記載されているものが配合量が多く、下位に行くほど少なくなります。そのため、エタノールは配合されていても下位に載せてある育毛剤は刺激が少ないのです。

この配合量は何もエタノールに限った事ではありません。他にも肌に刺激のある成分がありますから、それらの成分、その量もチェックしてみましょう。

育毛剤に含まれている肌に刺激のある主な成分
(■は主成分または含有量が多め、※は旧指定表示成分)

製品名 肌に刺激・悪影響の恐れがある成分
ノヴェルモイ薬用育毛エッセンス エタノール、パラベン(※)
リアップ ミノキシジル(■)、エタノール
M-1育毛ミスト
カロヤンガッシュ カシュウチンキ(■)、エデト酸Na(※)、エタノール、黄色5号(※)
薬用ポリピュア エタノール(■)
ナノインパクト エチニルエストラジオール(※)、エタノール
リアルラゾン 酢酸トコフェノール(■※)、香料、エタノール
ブブカ エタノール
リバイボゲン 変性アルコール【エタノール】(■)、香料
薬用プランテル エタノール
フェルサスカルプジェル エタノール(■)
リッチハーベスト エタノール、香料

無添加=安全とは限らない

育毛効果を高めるため、品質を保持するためには身体や頭皮に害を及ぼす可能性がある成分でも配合しなければいけない、というのが現状です。なぜなら、製品として売り出す上では、すぐに腐ってしまうようでは逆に頭皮トラブルに繋がりますから防腐剤を、見た目を良くするために着色料を、嫌な臭いを取り除くために香料などをやむを得ず配合したりするのです。逆にまったく肌に害のないものだけを配合してしまうと、老化や外部からの刺激で異常をきたしている頭皮を健康に戻す力が弱くなってしまいます。また、品質が悪化してしまえば、逆に頭皮トラブルに繋がりかねません。とはいえ、育毛剤は長期間使い続けるものですから、できるだけ安全なものを使い続けたいものです。

育毛剤によっては、「無添加」をアピールしている製品もあります。無添加ならまったく問題ない、と思われがちですが、たとえ無添加の育毛剤だとしても肌トラブルが起こらないわけでないのです。

この「無添加」についての基準は定められておらず、旧指定成分を配合していないだけで無添加としているものもあります。もちろん旧指定成分は配合していないに越した事はありませんが、旧指定成分以外にも肌トラブルを引き起こす成分は数多くあります。例えば、ビタミン類やメントール、乳酸、パラフィン、天然色素もトラブルの可能性があるのです。

日本では危険と言われる旧指定成分は102種類なのに対し、アメリカでは約800種類、ヨーロッパでは約5,000種類も指定されています。つまり、無添加の育毛剤でも国によって危険成分と指定されている物が含まれている可能性があるのです。そのため、人によっては、旧指定成分が配合されている育毛剤では肌トラブルは起こらないのに、無添加の育毛剤で炎症やアレルギーが発症してしまうということも考えられるのです。まずは、比較的刺激が少ないとされる育毛剤を試してみて、自分に肌との相性を確認してみましょう。

このページの先頭へ